Top / Software / GCC

GCC の FAQ

gcc を標準とは違うバージョンで使いたい

/usr/share/doc/gcc/README.Debian.gz の gcc/g++/... are not handled using alternatives の項
でも述べられていますが、使用するコンパイラとライブラリの想定するコンパイラのバージョン (ABI など) が一致しないと、意図しない動作を引き起こすかもしれません。

恐らく一番無難なのは環境変数で指定する方法です。

$ export CC=/usr/bin/gcc-2.95

や、

$ CC=gcc-2.95 ./configure
$ make CC=gcc-2.95

alternatives システムには cc や c++ 等が用意されていますが、それは gcc と tendracc などといった違う種類のコンパイラを支援するために用意されているものと思われます。 後々問題が出るかもしれませんが、一応は自分で登録すれば切り替えられるようになります。

# update-alternaves --install /usr/bin/cc cc /usr//bin/gcc-2.95 30

参考:
/usr/share/doc/cpp/README.Debian



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-11-29 (火) 17:10:12 (4374d)