Top / Old / etch / Package
etch 用の非公式パッケージや apt-line

重要 : Etch のサポート終了について

Lenny のリリースからおおよそ 1 年、 2010 年 2 月頃に Etch のセキュリティサポートが終了されます。 そのまま Etch 利用し続けるのであれば、十分にその危険性を理解する必要があり、 出来る限りそれ以前に Lenny へとアップグレードすることが推奨されています。

source
2009年02月15日 Debian GNU/Linux 5.0 "Lenny" リリース!!!

目次

注意

  • インストールするとパッケージ管理に支障をきたすかもしれません
  • 依存関係でうまくインストールできないかもしれません
  • セキュリティホールが発見されても更新されるとは限りません
  • 不具合が出てもオフィシャルには報告しないでください

カーネル

Linux-kernel 2.6.26

Debian Backports を利用してください。

Linux-kernel 2.6.24

(2008-07-26)
オフィシャルに入りました。

Digi AccelePort drivers

Digi AccelePort drivers for Debian より

deb http://debian.technologeek.org/ etch non-free
deb-src http://debian.technologeek.org/ etch non-free

TOMOYO Linux

ドキュメント
カーネルイメージ&ccstools

アンオフィシャル・インストーラ

オフィシャルのインストーラではハードウェアを認識してくれない人達のため、ムトゥ神が作ってくれています。
ここを見てください。
現在、etch-custom-0530.iso、カーネル 2.6.25 + Ubuntu ファームウェア + WPA supportで作られています。

デスクトップ関連

X Window System

xserver-xorg-core 不具合対処

etch の xserver-xorg-core にはバグがあり、 gdm が crash して restart する等の不具合が発生することがある。 BTS:352315 BTS:405823 BTS:413697 BTS:420018 等。 環境に依存するようで、ATI や NVIDIA のドライバを使っている場合に起こりやすいらしい。

対処として http://snapshot.debian.net/archive/2007/03/03/debian/pool/main/x/xorg-server/ から xserver-xorg-core 1.2.0-6 (etch へインストールしても依存関係に問題がない) を落として使うと良くなるかも…。

xserver-xgl

fglrxでもaiglxが使えるようになったので更新を停止しました。ありがとうございました。

Compiz Fusion

Gnome/Gtk2パッケージの関係でccsm(Compiz Config Settings Manager)はありません。 詳しくはRepositry of shameを参照。

deb http://download.tuxfamily.org/shames/debian-etch/desktopfx/stable/ ./

Beryl

deb http://debian.beryl-project.org etch main
deb-src http://debian.beryl-project.org etch main

KDE

KDE 3.5.7

Debian Backports を利用してください。

Google Desktop, Picasa

wget http://dl.google.com/linux/linux_signing_key.pub -O - | apt-key add -

した後で、

deb http://dl.google.com/linux/deb/ stable non-free

インターネット関連

ウェブブラウザ

Opera

subkeys.pgp.net 033431536A423791
deb http://deb.opera.com/opera etch non-free

PGP 鍵の登録方法は「パッケージリポジトリの鍵を導入する方法」を参照。

2ch ブラウザ/ビューア

navi2ch-cvs

deb http://navi2ch.sourceforge.net/debian ./
deb-src http://navi2ch.sourceforge.net/debian/source ./

(ちょっとだけ注意)
mule-ucs をインストールしていると、egg に入っている、jisx0213.el との関係でうまくインストールできません (emacs20-dl だけですが)。
その場合、一時的に mule-ucs をアンインストールして、navi2ch-cvsをインストールし、 その後、再び mule-ucs を インストールし直すとうまくいきます。

おちゅ〜しゃ

ここのアップローダにあります。

Kita

deb http://tossi.orz.hm/debian etch-backports main
deb-src http://tossi.orz.hm/debian etch-backports main

JD

deb http://www.mithril-linux.org/~henrich/debian/package/ ./
deb-src http://www.mithril-linux.org/~henrich/debian/package/ ./

Vhffs

Tuxfamily.org が提供しているウェブ用アプリケーション。 ここのパッケージで運用しているサイトはヨーロッパにいくつかあるよう。 netcraft で調べているとたまに Vhffs の名を見かける。

django

deb-src http://www.sommitrealweird.co.uk/debian/ sid django

開発関連

Java

Java 2 SDK, Standard Edition 5.0

(2006-05-15)
オフィシャルに入りました。

設定にはでびあんでじゃばを参考にするとよい。 ソフトウェア全般の FAQ も参照のこと。

Java 2 SDK, Standard Edition 6.0

Debian Backports を利用してください。


日本語関連

入力/変換システム

ATOK for Linux (iiimf)

atok-backports

deb http://www.da-cha.jp/debian/dists/etch ./
deb-src http://www.da-cha.jp/debian ./

にて

# apt-get install iiimf-htt-server iiimf-htt-xbe iiimgcf

atokx2 パッケージは sid から借りてくる。

scim-wnn, scim-qtimm, scim-bridge

deb http://everybody.good-day.net/~ikuya/debian/etch ./
deb-src http://everybody.good-day.net/~ikuya/debian/etch ./

cannadic (canna 用辞書)

deb http://www-ps.kek.jp/thitoshi/debian unstable private
deb-src http://www-ps.kek.jp/thitoshi/debian unstable private

im-ja

deb http://im-ja.sourceforge.net/packages/debian/etch/i386/ ./
deb-src http://im-ja.sourceforge.net/packages/debian/etch/i386/ ./

フォント

ttc-ricoh

ここのアップローダにあります。

ttc-ricoh を利用するには前もって自分が権利をリコーから買ったフォントが必要。 Windows から流用するのは何かとグレーらしい。

xfonts-k12x10

ここのアップローダにあります。

xfonts-misaki

ここのアップローダにあります。

ttf-fs-fonts

http://gotom.jp/~gotom/debian/ttf-fs-fonts

ttf-ipafont

deb http://www.mithril-linux.org/~henrich/debian/package/ttf-ipafont ./

マルチメディア関連

Debian-Multimedia.org

lame, gogo, transcode, mjpegtools, mplayer, kplayer... など。 バージョンが古いものもあるので注意。

deb http://www.debian-multimedia.org etch main
deb-src http://www.debian-multimedia.org etch main

xmms2

deb http://exodus.xmms.se/debian etch main
deb-src http://exodus.xmms.se/debian etch main

印刷

EPSON インクジェットプリンタ

pipslite

deb http://www.da-cha.jp/debian/dists/etch ./

にて

# apt-get install pipslite-cups

or

# apt-get install pipslite-lpr

EPSON Color LASER (LP-9800Cなど)

deb http://kmuto.jp/debian/mtu debian_dic main contrib non-free
deb http://mambo.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~takushi/debian ./

にて、

# apt-get install gs-esp eplaser-opvp

要cups。gs-espもopenprintingの成果を取り入れたものに更新される。 詳細なインストール手順と対応プリンタは、 http://mambo.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~takushi/ に記載。

LP-9800C以外は動作確認できていないため、テスター募集中。

Canon Pixus 550i / 850i / 950i

deb http://mambo.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~takushi/debian ./

にて、

# apt-get install libcnbj-2.2 bjfilter-2.2 pstocanonbj

要cups。詳細なインストール手順と対応プリンタは、 http://mambo.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~takushi/ に記載。

iP90が550iのドライバで動くという情報あり。筆者は所持していないので、未確認。

Canon Pixus 560i / 860i / 990i

deb http://mambo.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~takushi/debian ./

にて、

# apt-get install libcnbj-2.4 bjfilter-2.4 pstocanonbj

要cups。詳細なインストール手順と対応プリンタは、 http://mambo.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~takushi/ に記載。

560i以外は動作確認できていないため、こちらもテスター募集中。 要望があれば、他のPixus用ドライバもパッケージング予定。

Canon Pixus iP3100 / iP4100 / iP8600

deb http://mambo.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~takushi/debian ./

にて、

# apt-get install libcnbj-2.5 bjfilter-2.5 pstocanonbj

要cups。詳細なインストール手順と対応プリンタは、 http://mambo.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~takushi/ に記載。

iP4100, iP8600で動作確認済み。


ドキュメントエディタ/ビューア関係

OpenOffice.org 2.4

Debian Backports を利用してください。

acroread (Adobe Reader)

acroread 8.x

Adobe のサイトで .deb 形式が公開されている。
http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2_allversions.html
ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/reader/unix/8.x/8.1.2/jpn/

インストール先 (/opt/Adobe) の UID/GID が怪しい値に設定されているので、 気になる場合には chown で設定し直しましょう。

8.1.2 では 8.1.1 には入っていなかった Gothic 体のフォントも入りました。

既に英語版をインストールして起動したことがある場合には、日本語版を入れてもメニュー等が英語のままになる。 Preferences で設定変更するか、~/.adobe/Acrobat/8.0 配下を削除して起動し直すと日本語になる。

acroread 7.x

日本語版のインストーラが、ここのアップローダにあります。

以下は英語版。

wwwkeys.eu.pgp.net 1F41B907
deb http://www.debian-multimedia.org unstable main
deb-src http://www.debian-multimedia.org unstable main

日本語を読むには、

ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/reader/unix/7x/7.0.8/misc/FontPack708_jpn_i386-linux.tar.gz
ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/reader/unix/7x/7.0/misc/jpnfont.tar.gz

が、必要。

CMap と otf は置場所が分かれている。それぞれ、

/usr/lib/Acrobat7.0/Resource/CMap/
/usr/lib/Acrobat7.0/Resource/CIDFont/

に置く。

5.xであった印刷位置がずれるバグはどうなっているか不明。(確認していない)

  • acrolpr のページによると 少なくとも lpr 経由による印刷のずれ、及び gs で読み込みエラーとなる問題は解決?(未確認)

その他

xft2/fontconfig

Hyper Estraier

deb-src http://people.debian.org/~ukai/hyperestraier/ ./

wordpress

deb-src http://people.debian.org/~dilinger/backports/wordpress/ ./

onscripter

deb http://ftp.arege.jp/debian-arege etch onscripter
deb-src http://ftp.arege.jp/debian-arege etch onscripter
deb http://detroit.ddo.jp/debian/etch onscripter/
deb-src http://detroit.ddo.jp/debian/etch onscripter/

namazu2

deb http://www.namazu.org/debian etch main
deb-src http://www.namazu.org/debian etch main

wine

最新版の wine を使いたい場合

deb http://wine.budgetdedicated.com/apt etch main
deb-src http://wine.budgetdedicated.com/apt etch main

プロジェクト

Debian Backports

testing や unstable から Backport したパッケージを提供している。
どんなパッケージが提供されているかは、http://www.jp.backports.org/pool/main/ 以下のディレクトリを参照。

deb http://www.jp.backports.org etch-backports main contrib non-free
deb-src http://www.jp.backports.org etch-backports main contrib non-free

上記以外のミラーは Debian Backports - Mirrors を参照。

実際に使うなら、/etc/apt/preferences を編集してください。 例えば Backport された mutt パッケージを使うなら

Package: mutt
Pin: release a=etch-backports
Pin-Priority: 999

詳しくは Debian Backports - Instructions を参照。
まずは debian-backports-keyring パッケージをインストールし、公開鍵を入手して下さい。

apt-get.org

http://www.apt-get.org/

非公式の apt リポジトリを紹介しているサイトです。 unstable や testing 用はもちろん、stable 用に Backport されたものなども紹介されています。

debian-volatile

スパムフィルタやウィルススキャナなど、変化の速いパッケージを stable の Debian リリース向けに提供するためのものです。

deb http://ftp2.jp.debian.org/debian-volatile etch/volatile main contrib
deb-src http://ftp2.jp.debian.org/debian-volatile etch/volatile main contrib

上記以外のミラーは volatile.debian.net - mirrors を参照。

Debian Unofficial

特許やライセンス問題で、公式のリポジトリに入れられないパッケージを提供している。 入手できるパッケージは、Debian Unofficial - Packages を参照。

deb http://ftp.debian-unofficial.org/debian ${DIST} main contrib non-free restricted
deb-src http://ftp.debian-unofficial.org/debian ${DIST} main contrib non-free restricted


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-12 (日) 15:59:55 (2998d)