Top / Old / etch / Software / PPP

PPP の FAQ

ppp の設定方法がわからない

基本的な接続の設定は pppconf で設定できる。 pppoe なら pppoeconf で。

簡単に説明すると

etc --- ppp -+- options
             |- pap-secrets
             |- chap-secrets
             |- ppp_on_boot
             |- peers --- provider
             `- if*.d

options は pppd に渡す汎用のオプションを書く設定ファイル。 pap-secrets と chap-secrets は pap と chap 認証に必要な情報を書く設定ファイル。 provider は pppd に渡す接続先に依存したオプションを書く設定ファイル。 if*.d 下にスクリプトを置くと接続/切断時に実行してくれる。

接続には pon、切断には poff という専用のコマンドも用意されています。 これらはデフォルトでは /etc/ppp/ppp_on_boot もしくは /etc/ppp/peers/provider ファイルを読みます。 例えば /etc/ppp/peers/myisp ファイルを読ませたい場合は

# pon myisp

plog は /var/log/ppp.log もしくは /var/log/syslog を表示します。

# plog

起動時に自動接続させるにはどうしたらいいの?

  • /etc/ppp に ppp_on_boot というファイルを用意する

/etc/init.d/ppp を利用する方法です。 単純に pppd を起動するスクリプトを置くだけでもオッケー。 例えば

#!/bin/sh
exec /usr/sbin/pppd call myisp

上記のように ppp_on_boot を用意しなくても

# pppd call provider

で接続可能なら状態であれば自動接続してくれます。

  • /etc/network/interfaces に記述する

/etc/init.d/networking を利用する方法です。 例えば該当インターフェイスに provider myisp を追加して

iface eth0 inet ppp
  provider myisp
  pre-up ifconfig eth0 up

それを auto に指定

auto eth0

NIC 経由なら auto ではなく allow-hotplug とかで

allow-hotplug eth0

書式など、詳しい事は man interfaces を読んでください。

カーネルモード PPPoE を使いたい

必要なものは、公式のカーネルパッケージと ppp パッケージに含まれています。 ユーザモード用の pppoe パッケージは必要ありません。 また、自分で再構築したカーネルを使う場合は

CONFIG_PPPOE=m(or y)

でコンパイルしておく必要があります。

恐らく標準で書かれているので必要ないかもしれませんが、2.4系なら /etc/modutils/aliases、2.6系なら /etc/modprobe.d/aliases に

alias net-pf-24 pppoe

がなければ追記して modules.conf を更新しときましょう。

# update-modules

準備ができたら /etc/ppp/peers/myisp から以下のようなラインをコメントアウト

...
#pty "/usr/sbin/pppoe -I eth0 ...
...
#connect /bin/true
...

/etc/ppp/options に plugin とインターフェイスを追記

...
plugin rp-pppoe.so
eth0
...

そして繋ぎ直せばオッケーのはず。

参考:
/usr/share/doc/ppp/README.pppoe

なお 2.4.3-20041231+3 以降はイーサネットインターフェイスを up しておかないと

Plugin rp-pppoe.so loaded.
pppd 2.4.3 started by root, uid 0
sendPacket: send: Network is down
Exit.

となり、失敗します。

/etc/network/interfaces に書く場合は以下のような感じで。

iface eth0 inet ppp
 provider dsl-provider
 pre-up ifconfig eth0 up

参考:
/usr/share/doc/ppp/NEWS.Debian

rp-pppoe のパッケージである pppoe に adsl-setup なんかのコマンドがないんだけど

それについて論議されたようです。

adsl-setup コマンドの代わりに pppoeconf というパッケージが用意されてます。

# pppoeconf

と打てば簡単なウィザード形式で設定できます。 もしくは /usr/share/doc/pppoe/README.Debian.gz を見てエディタで直接編集。

/etc/network/options の設定が反映されない

etch 以降 (netbase >= 4.22) では /etc/network/options は使用されなくなりました。
従って、その内容を /etc/sysctl.conf に適切に記述するか、もしくは /etc/network/*.d/ に等価なスクリプトを置く必要があります。
例えば、/etc/network/options に、

ip_forward=yes

と書かれている場合は、/etc/sysctl.conf に、

net.ipv4.ip_forward = 1

と書いてください。

参考:
/usr/share/doc/netbase/README.Debian



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-12 (金) 23:22:43 (3054d)